子育てしながら、携帯アフィリエイトでコツコツ貯めて、FX(外国為替証拠金取引)で運用します!

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国為替証拠金取引では、必ず通貨ペアの一方を「売り」、もう一方を「買い」というかたちになります。

実際には証拠金を預けて、

「米ドル/円」の1万米ドル「売り」の場合

1万米ドルを借りて売り、それに相当する円を買って貸すことになります。この貸し借りに金利が発生し、その差がスワップ金利となるそうです。

金利と言いますが、実際は金利ではなく、金利調整ということらしいのですが、

理屈はどうあれ、私たちはこの恩恵をうけれる、ということががポイントです。

現在の金利は米ドル>円となっているので、

「米ドル/円」の

「買い」の場合、スワップ金利がプラス
「売り」の場合、スワップ金利でマイナスになります。


特に今現在なら、オーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)、やイギリスポンド(GBP)のスワップ金利は非常に高くなっているので、「買い」の場合、持っているだけで、毎日不労所得が増えてしまうという、夢のスワップ金利生活が待っているのです。

ただし、ロスカットされないというのが条件ですが・・・

そして、このスワップ金利、業者によって違ってくるのです。
更に注意したいのが、クロス円の場合、ほとんど「買い」でプラスになるのですが、「売り」から入った場合、マイナスです。

ということは、「売り」を何日間も保持していると、
あ~ら、びっくり、差益は出ているのに、日々マイナスが増えていってしまうってなことになってしまうので、注意したいところです。

そして、その「売り」から入ろうと思った時注意しなくては、いけないのが、各FX業者のスワップが何曜日につくかなのです。

と言うのも、土日は業者は休みですね、でも、スワップ金利は毎日つくものですから、土日分を平日につけるのですが、それが、FX業者によっては、水曜だったり、木曜だったりします、その日に「買い」で入ったら、それだけで、3日分のスワップ金利を貰えるのですが、逆に、「売り」の場合は、3日分のマイナスを一挙に受けなくてはいけないので、注意したいところです。

スワップ金利の良さなら、セントラル短資オンライントレードがダントツです。



私の夢を応援して下さるという、あなた!★応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tuki30man.blog44.fc2.com/tb.php/25-56c576c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。